アパートの選び方アパートの経営をする際に一番大切なことは、経営するアパートをどのようなものにするかという点ですね。この選択の仕方によって、その後のアパート経営が成功するか失敗に終わるかが決まってしまいますから、ポイントをしっかりと掴んで選びたいものです。アパートには大きく分けて2つの種類があります。単身者などを対象にしたワンルームタイプのアパートと、ファミリータイプと言われる家族やカップルを対象にしたアパートです。アパートのタイプによって、求められる立地条件が異なりますので注意する必要があります。

双方に共通するアパートの好立地としては、日当たりが良い場所や生活環境が利便性に優れている場所などが挙げられます。特に通勤や通学に便利なバス停近くや駅近くのアパートは人気が集中すると言われています。それにプラスして単身者が暮らすアパートに求められる立地条件としては、休日に余暇時間を楽しめるような商業施設が近い立地が好まれるようです。そしてファミリータイプの場合は、学校や病院などの公共施設やショッピングモールなどの買い物に便利な立地が好まれます。また子供がいる家庭も多いため、比較的治安が良い地域が人気があるようですね。

アパート経営をする場合には、新築物件からスタートするケースと中古物件を購入して始めるケースとがあります。新築物件は購入価格が高いため利回りも低くなりますが、最新の設備が備わっているため耐震性や利便性の面から人気が集まりやすいと言われています。また当面の間は修繕費がかからないというメリットがあります。一方で中古物件は購入価格が安く、利回りが良いというメリットがある反面、老朽化によって購入時に想定しなかった修繕や改装費がかかってしまう可能性があるというデメリットがあります。中古物件アパートを購入する場合には水回りの確認や耐震性や建築基準に問題がないか入念にチェックすることをお勧めします。晴れの日よりも雨の日に下見に行くと、修理箇所や修繕箇所を発見しやすいと言われています。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2014 アパート経営超入門!目指せ不労所得&ラクラク人生!. All Rights Reserved